血圧を下げる即効性のある方法があった!

「食事制限はしてきたが、一向に血圧を下げることができない…」

血圧を下げる即効性のある方法としては、ネット上にもいろいろ記されています。

例えば、

・食事療法(減塩など)
・ツボ療法
・サプリ
・飲み物
・お茶
・運動

などです。

しかしあなたは、こう思っていませんか?

・「減塩や食事制限(減塩など)は、正直つらい…」
・「食事制限はしてきたが、一向に血圧を下げることができない…」
・「毎日の運動は、忙しいし、きついので続きそうにない…」
・「いろいろ試してみたけど即効性を感じない…」

そして、こんな悩みはないですか?

・「何年も通院しているが、一向に血圧が下がらない…」
・「降圧剤の影響で体調がすぐれず副作用が心配…」
・「脳卒中や心筋梗塞とかが先々不安だ…」
・「食事も運動も思うままの健康人がうらやましい…」
・「この先、薬に頼らず健康な人生を送りたい…」
・「副作用や後遺症の心配のない改善方法はないものか…」
・「毎日美味しいものを食べたい…」
・「もう、薬を飲み続けたくない…」
・「通院しなくても、血圧を下げる方法が知りたい…」

世間では「健康ブーム」と言われだして久しいですが、現代医学が進歩した現在の医療でも、高血圧の人を減らすことはできていません。
しかし、患者は高血圧などが原因となる「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの危険な病気とはいつも背中合わせです。

多くの高血圧の方は、例えこの先通院しても、

・「死ぬまで、降圧剤を飲み続けないといけないのか…」
・「降圧剤を飲み続けてはいるが、期待したほど血圧は下がっていない…」

と、ほとんどの方が思っているようです。

先々の不安や「脳梗塞」「心筋梗塞」などへの恐怖感が絶えず付きまとい、精神的にも辛いものがあります。

では、高血圧は本当に「治せない病」なんでしょうか?

西洋医学の治療法には限界がある

実は、わたしも何年も高血圧で悩んできました。
血圧を下げる即効性のある方法をいろいろ試してきましたが、効果的で即効性のある方法には出会えませんでした。

高血圧は、「初期症状」や「自覚症状」が少なくやっかいな病気です。
体調が悪くなり病院に行って「血圧が高い」と言われて、初めて自分が高血圧であることに気づく方が殆どのようです。

その時点で、「脳梗塞」「心筋梗塞」を予期させる疾患が進行していることも珍しくありません。
そのような状態で、降圧剤を飲んだり、食事療法を行っても改善は中々難しいでしょう。
おそらく現状維持が精一杯だと思われます。

現代の西洋医学には、高血圧に対しての根本的な治療法と呼べるものがありません。
高血圧に対する「西洋医学の治療法には限界がある」と言わざるを得ません。

血圧の上昇を抑える緩和主体の治療

今ほとんどの病院では、高血圧の診断をくだすと、まず降圧剤を処方し、食事や運動、生活習慣の改善を指導します。
しかし、これは高血圧を治すのではなく、高血圧となんとかうまく付き合っていく方法を実行しているだけです。

つまり、今の医学では血圧の上昇を抑える緩和主体の治療方針になってしまいます。
勿論、それらの治療方法は間違いではないのですが…、それでは病気の本当の改善にはなりません。

わたしは、いくら対処療法をやって一時的に血圧は下がったとしても、根本的な改善にはなっていないと思い到りました。
「薬は、無理やり体を押さえつけているのと同じことだ…、何か根本的に高血圧を治す方法はないものか」と真剣に考え始めました。

それが、「東洋医学」との出会いの始まりでした。

高血圧は「腎臓」の不調に大きな原因が

わたしが出会った「東洋医学」の療法は、一時的なものではなく、血圧を常に正常値で安定させるために独自に開発された療法です。
これは、「西洋医学」にはない新しい観点から、内臓疲労を取り去り、体のトータルバランスを整えるというものです。

人間の体の奥深い仕組みを理解し、その理にかなった療法を行い、内臓自体に活力を与え、血流やリンパの流れを正していけば、血圧を安定させることは可能なんです。

そして、実は高血圧は「腎臓」の不調に大きな原因があるんです。

 高血圧改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」高血圧改善プログラム

薬で一生ごまかし続けていくのか?

単に血圧が上がるだけではなく、「高血圧」が本当に怖いのは、本人も気づかないうちに生命に関わる危険な病を引き起こす危険があるという点です。

例えば、

・脳卒中
・脳梗塞
・心筋梗塞
・大動脈瘤

などの病気がそうです。

さらに、それは突然にやって来ます。

「心臓病」と「脳卒中」は「がん」に次いて亡くなる方が多い病気です。

高血圧の方がこれらの病気にならない様にするためには、日頃より血圧や体調を自己管理する必要があります。
自己管理を怠ると、最悪のケース、命を落とすことにもなりかねません。

例え投薬で一時的に血圧を下げることが出来たとしても、それがちゃんと治すことになるのでしょうか?

塩味の足りない、おいしくもない食べ物を、一生我慢しながら食べ続けていけば、治っってくれるんでしょうか?

そして、常に「脳卒中」や、「心筋梗塞」などの危険と背中合わせの生活…。
果たして、それが本当に「正しく治す」ことなんでしょうか?

西洋医学の薬だけでは、根本的な高血圧改善は不可能です。
さらには、薬の副作用も心配になってきます。

薬というものは、実際に処方されるまでには、何年もかけて開発され、副作用についても充分に検証されます。
しかし、短期的な副作用はみられなくても、飲み続けることにより体が薬依存にってしまうことが考えられます。

実は、これも薬の長期服用による副作用の1つです。

人間には本来、自分自身を正常な状態に導く力があります。

・「免疫力」
・「自然治癒力」
・「生命力」

と言われているものです。

この「生命力」は、命をつかさどるものです。
高血圧は、その「生命力」が弱っている状態とも言えます。

あなたの「生命力」の衰えを一時的な薬で補いながら、ずっと通院しなければならない人生。
これが正常なことなのでしょうか?

降圧剤を数十年飲み続けても、高血圧の悩みが解消されることはありません。
西洋医学では、血圧を抑える薬はあっても、高血圧を治療する薬は存在しません。
なぜなら、症状を抑えるためであって、根本的な治療を目的としていないからです。

しかも、降圧剤を服用し出せば、一生飲み続けていくことになります。
しかし、薬をやめれば、途端に血圧が上がります。

つまり、薬で一生ごまかし続けていくわけです。
この先飲み続けることで、内蔵にもダメージを受けてしまうでしょう。

完全に高血圧と決別することに成功

わたしが出会ったのは、東洋医学療法に基づく「最新高血圧改善療法」です。薬などは一切服用せずに、自分自身の力で高血圧からの脱却に成功したんです。
この療法の発案者は、「この療法の効果を医学的に検証したい」という思いから、医療機関の協力のもと、高血圧の患者に臨床試験を行ったところ、被験者全員の血圧が基準値内で安定したという結果が出たと言います。

発案者は、「内臓機能を活性化すること」と「血流」の密接な関係に着眼しました。
そして、「腎臓の働きを正常化すれば、血圧は安定する。」と確信したんです。

「腎臓の働きの正常化?」

そうです、降圧剤や食事療法には依存せずに、我慢しないで、毎日自宅で5分間、楽に行える「ある方法」だけで、完全に高血圧と決別することに成功したのです。

 高血圧改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」高血圧改善プログラム